大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

*

大学入学共通テスト 日程

      2019/11/06

大学入学共通テストの日程は、まず、初回に実施される大学入学共通テストは2021年1月16日(土曜日)、17日(日曜日)になります。

1月のこの時期という点で、従来のセンター試験と大差はありません。

概略で言うと、2020年7月いっぱいまでに、国公立大学では選抜要項を発表することになっています。

また2020年9月には国公立大学では受験案内を配布し、受験生は共通テストの検定料金を払い込みます。

 

 

さらに、2020年10月、大学入学共通テストの出願をします。(この流れはセンター試験と同様)

私立大学の受験でも、大学入学共通テストを採用する大学(学部、学科)を受験する受験生は、当然ながら大学入学共通テストへの出願が必要になります。

 

 

2021年1月16日、17日の試験の後、国公立大学では学校推薦型選抜(⼤学⼊学共通テストを課さない場合)の結果が1月22日までに発表されます。

⼤学⼊学共通テストの追試験・再試験は2021年1月23日、1月24日に予定されています。

 

2021年1月末から2月にかけて(1月25日〜2月3日)、国公立大学の2次(個別)試験の出願が始まり、

2月25日から国公立大学の前期日程試験、3月12日から後期日程試験があります。

合格発表を過ぎて2021年4月には⼤学⼊学共通テストの成績の本⼈開⽰が可能になります。

 

 - 大学入学共通テスト 日程