大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

大学入学共通テスト 英検

英検のS―CBTはキャンセルで3000円返金が決定 

投稿日:

大学入学共通テストに関連して、英検(日本英語検定協会)は、新型英検「S―CBT」について、予約を済ませた受験生でキャンセル希望の場合、手数料を引かずに3000円を返金することを決定しました。

これまでは、返金額は手数料を引いて2500円程度とされていました。この決定の背景には、英検側が、文科省の担当者と協議したことがあるもようです。

新型英検「S―CBT」は2019年11月11日の締切で、これまで29万人ほどが予約。

 

 

キャンセルについては、2019年12月に「S―CBT」の受験を継続か、それともキャンセルするかを決める必要があります。

また追加の受験も12月24日まで受け付けるとのことです。

 

(1)予約申込を済ませた受験生らは、12月に「継続受験」か「キャンセル」を選ぶ

(2)現在の高校2年生以上を対象に追加の予約申込を受け付ける。いずれも12月3~24日にS―CBTのサイトで申し込む。

さらに、(1)で「継続受験」を選んだ受験生と(2)の受験生は、割引価格(例えば準1級なら9800円が6900円)で受験できるようにする、としている。

(2019年11月21日 朝日新聞デジタルより)
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000024-asahi-soci

 

 

この試験が実施されるのは当初の予定通り。2020年4月4日〜7月26日までの間の土日に行われます。本申込みは2020年2月で、その時点で試験日や試験会場を選ぶことになります。

 

 

このような決定の背景には、もちろん先日、大学入学共通テストで英語民間試験の活用が延期されたことがあります。受験生にはまだまだ未知数だらけの共通試験かもしれませんが、少なくとも英検との関係は、このように現在変化しつつあります。

 

 

キャンセルで全額が返金されることも、受験する場合に割引価格になることも、昨今の変更による受験生の物心両面のダメージを防ぐためということでしょう。

たしかに手数料を引いて2500円だけの返金にすると、日本英語検定協会が批判される対象になる・・・という懸念はあったと思われます。

-大学入学共通テスト 英検
-, ,

執筆者:

関連記事

英検は2020年度の実施概要について見直しを決定

日本英語検定協会(英検協会)が、今後の英検の見直しを発表しました。 文部科学省が11月1日に、「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ると発表しました。いわゆる民間試験の導入延期です。 大学入試に …

大学入学共通テスト 英検

大学入学共通テストと英検の関わりですが、そもそも、大学入学共通テストにおける英語の民間試験の導入延期が2019年11月1日、文部科学大臣から発表されたばかりです。   萩生田文部科学相は、2 …

 

ご訪問ありがとうございます。弊サイトは個人運営で、「大学共通入学テスト」の現在進行形で整えられていく様を情報収集しています。

批判も多い新制度ですが、受験するからにはより良い状態で向き合いたい。それが普通の願いーーそんなスタンスであります。