大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

*

英検は2020年度の実施概要について見直しを決定

   

日本英語検定協会(英検協会)が、今後の英検の見直しを発表しました。

文部科学省が11月1日に、「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ると発表しました。いわゆる民間試験の導入延期です。

大学入試において英語民間試験活用として、英検もその一つだったわけですが、英検はすでに発表している会場等、2020年度の実施概要について、一旦見直すとのこと。

 

 

いま分かっていることは文科省が、民間試験の活用は2024年度に実施する試験から導入する、としていること。そしておよそ1年をかけて検討し、結論を出すということです。

 

この状況で英検は、以下の各種試験について、すでに発表している会場等の2020年度の実施概要(2019年度例外措置含む)ならびに今後の対応について一旦見直しを発表しました。

 

 

「英検2020 1 day S-CBT」
「英検2020 2 days S-Interview」
「英検CBT」
「TEAP」
「TEAP CBT」
「IELTS」

詳細は、再度案内されるとのこと。

(この事項は、リセマムの記事11月5日 を参照しています。参照元
https://resemom.jp/article/2019/11/05/53195.html)

 

 - 大学入学共通テスト 英検 , , ,