大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

*

アルバイトが採点する大学共通試験記述式・・それでいいの?

   

大学入学共通テストについて、国語では記述式が導入されることが決まっています。そこで「アルバイトが採点」という表現は少々、キャッチコピー的な言い回しかもしれません。しかし、事実、採点業務にアルバイトが採用される(ケースもある)ことは明言されています。

 

採点というのが業務であり、その業務をベネッセグループの子会社が落札しました。金額は61億6000万円です。

 

大学入学試験から、2次試験が始まるまでのおよそ20日間で採点するためには、採点者の数はおよそ1万人くらい必要になるそうです。
受験者はおよそ50万人。そして採点者が1万人。

 

 

 

1万人もの人を集めて採点業務とはまた膨大な事業です。しかしベネッセグループ子会社が常時1万人の社員を準備しておくというのは、素人から考えても、たしかに、少々無理がある気がします。

 

5日の国会審議でベネッセ側は、野党からの「採点者はアルバイトを採用する予定か?」との追及に

「アルバイトという方も当然いらっしゃる」と答えている。

(11月7日AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

 

 

アルバイトという言葉にこだわりすぎてはいけないでしょう。

しかし、18歳の高校生らが、生涯を大きく左右する試験問題にのぞみ、その採点が学生の可能性もあるアルバイト・・・というのは、

少々、情けないという気もします。採点者を募集する段階で「質」をどれくらい担保できるでしょうか?

 

 

採点するアルバイトを採用するための試験・・などという話になると、笑えない話です。

 

ご存知ののように、2019年11月に、英語の民間試験導入延期が決定されました。英語に加えて国語でも問題が多々あることは、従来から指摘されてきたわけですが、このまま放置されるとは、むしろ考えにくい状況。

 

***

もう一つの問題点は、記述式で自分がどのように解答したか、書いた本人が、記憶(記録)しきれない場合に、自己採点がたいへん難しくなります。

さらに言えば、自分は「こう書いたつもり」でも採点者にそのように読まれるとは限らないかもしれません。

 

記述式とは、言うまでもなく自筆の文字。もちろん、国立大学二次試験を思い浮かべれば万事、みずから自筆で解答するのが当たり前ではあります。しかし、そのような大学入試には、問題作成から採点、合格発表にいたるまで、各大学の総力を上げて確実なノウハウが積み重ねられているはず。

 

 

外部委託で、臨時に雇われたアルバイトの人が採点するという事態を、図式的に揶揄するだけでは解決しません。しかしやはり、そこにはこだわってしまします。

 

 - 大学入学共通テスト 国語 , , ,