大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

共通テスト関連のニュースから

結局、センター試験の続行になるの?大学入学共通テスト

投稿日:2019-11-08 更新日:

英語民間試験導入の延期により、一気に「動き」を感じられるようになった大学入学共通テストです。

動きというよりは、これまで封印されていた共通テストの問題点が露見してきたということでしょう。

 

この際・・と言わんばかりに、文科省がこれまで『改革をゴリ押ししてきた』云々という批判も、この11月(2019年)に入ってから、ずいぶんと見かけるようになりました。

 

 

11月1日の発表で、英語民間試験導入は2024年度以降に見送られたわけですが、英語とともに、問題とされるのが「国語」です。

衆院文部科学委員会で参考人質疑が行われた同日の2019年11月5日には、野党による文部科学部会で、高校や予備校関係者への意見ヒアリングが行われ、

特に国語の記述式問題導入をめぐり、設問そのものが無茶、自己採点が無理、

公平な採点が非現実的などの問題点が指摘された。

(文春オンライン 11月6日より)

 

国語の導入が難しいとしたら、その後2024年を目指しての指針に挙がっている「地理歴史・公民分野や理科分野等に記述式問題を導入」は、当然、難しいことでしょう。

 

<2024年度の大学入試改革を目指して検討されていた主な変更点>

(1)「大学入学共通テスト」の英語をなくし、英語民間試験に完全移行する

(2)「大学入学共通テスト」の国語の記述式問題の解答の文字数を増やす

(3)「大学入学共通テスト」の地理歴史・公民分野や理科分野等に記述式問題を導入

(4)「大学入学共通テスト」の複数回実施

(5)「高校生のための学びの基礎診断」の本格実施

(同上)

 

民間に「丸投げ」しようとしている、と批判されるているのは、英語民間試験だけではありません。

 

上記の(5)にある、高校生のための学びの基礎診断ですが、『高校生のための学びの基礎診断認定ツール』とされているものには、(株)ベネッセコーポレーションや、(株)Z会ソリューションズや、(株)学研アソシエ等、(公財)日本漢字能力検定協会等々・・・

 

要は一般市民にとってよく聞く「教育産業」企業が名前を連ねています。

(詳細はこちらのPDFファイルをごらんください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/__icsFiles/afieldfile/2018/12/26/1411945_001.pdf)

 

 

そもそも改革には「2020年度の大学入試改革」で目指していたものと、「2024年度の大学入試改革」を目指して検討されていた事項があります。

2020年度(2021年春実施)に間に合わなければ、2024年度に・・ということですが、4年の違いも過ぎてみれば、あっという間。

 

 

 

本当に改革されるのかーー。

先日ホリエモン(堀江氏)の、センター試験で何が悪いのか、という内容のコメントが話題になっていました。

堀江さんのみならず、現在、そう思っている人は多いのではないでしょうか。多くの課題を抱えたまま断行されるよりは、センター試験のほうがいい・・というのは、少数の声ではないような気配。

 

 

上記引用した文春オンラインの記事ではタイトルが、『残る選択肢は「センター試験」続行?』となっています。シンプルですが、そういうことかもしれない状況ーー。ほんとうにセンター試験が続行されるかもしれません。

***

 

しかし、大学入試改革のこの問題が単に野党にとって政府への追求材料として用いられ、議論が翻弄されたら、本末転倒です。

公正に検討されてほしいと願っています。

-共通テスト関連のニュースから
-, ,

執筆者:

関連記事

見送りを表明!? はっきり中止といえない事情・・大学共通テスト記述式問題

12月も12日になった途端に流れたニュースが、じつは重大でした。 重大!なのに、結局スッキリしないのは、大学共通テストにおいて国語と数学の記述式問題の導入を、「見送りを表明する方針」とのことです。 & …

英語民間試験を採用する大学は539校

大学入学共通テストに、このたび英語の民間検定試験が導入されることが決まっています。 しかし、その民間テストを使うか否かは大学によってまちまち。 概して国立大学では9割以上の大学の採用が決まり、私立大学 …

延期の前から拒否していた大学・・東北大、津田塾など(英語民間試験)

2019年11月1日に、大学入学共通テストへの英語民間試験導入の延期が発表されたわけですが、その前から、大学として英語民間試験を、すでに受け入れない姿勢を示していた大学があります。 11月11日の「A …

はっきりして!国立大学は英語民間試験を活用する?しない?

本記事は「国立大学で英語民間試験を活用するのはどこ?報道が曖昧です」の続きになります。 曖昧なままではじつに困ります。朝日新聞のEduAの記事が、12月7日に、国立大学の活用方針をまとめているので紹介 …

英語民間試験の延期(ある意味、唖然・・)

大学入学共通テストにおける英語民間試験の導入が延期されました。 各種の報道で示されていますが、大学入学共通テストに導入される予定だった英語の民間検定試験について、萩生田光一文部科学相は2019年11月 …

 

ご訪問ありがとうございます。弊サイトは個人運営で、「大学共通入学テスト」の現在進行形で整えられていく様を情報収集しています。

批判も多い新制度ですが、受験するからにはより良い状態で向き合いたい。それが普通の願いーーそんなスタンスであります。