大学入学共通テスト情報

新たな「大学入学共通テスト」に関する基本情報を集めています。大学入試改革によって断行されようとしている「見通しの悪い」共通テストに、どう立ち向かうべきか。姿の見え難い「敵」ですが戦うのでなく勝ち取る道を探したい・・・民間英語試験採用や記述式導入の動きにも目が離せません。

共通テスト関連のニュースから

英語民間試験に高校側が導入延期を要求

投稿日:2019-10-22 更新日:

大学入学共通テストで、英語では民間団体が実施する検定試験が活用されるわけですが・・・

教育現場では、現状を不安視する向きがあります。

すでに報道されている通り2019年9月に(7月に続いて)全国高等学校長協会は、文科省に要望書を提出しました。

(全国高等学校長協会(全高長)の会長は、都立西高校の萩原聡氏になります。)

 

追記:ご存知のように2019年11月1日、文部科学大臣が英語の民間試験採用を延期しました。大学入試共通テストについて大きな変動の可能性があります。ニュースに関わる弊サイトの記事は、ニュースの記事日時をご確認くださるようお願いします。

 

まず、現状の決定されている事項は以下になります

2021年1月から導入される大学入学共通テストでは、国語や数学で記述式問題が導入され、

英語はリスニングの配点が大きくなる。

英語ではこの共通テストに加え、民間で実施されている検定試験が入試に組み込まれ、4技能(聞く、読む、話す、書く)を評価することになった。

 

23年度までは共通テストと民間試験が併用されるが、それ以降は共通テストを実施せず、民間試験のみとなる予定だ。

 

(2019年10月14日 AERAdotより)

 

これに対して、現場からの声は

・各試験の実施日程や場所など詳細が明らかになっていない

・活用方法を明らかにしていない大学が多数ある

などがあります。要は明確でないことです。

 

たしかに、実施日程が確定されず、自分の受けたい大学(まだ決まっていないはず)が、民間試験をどのように活用するか不明ならは、受験生にとって、不安以外の何者でもないでしょう。

 

その英語試験ですが、TOEICが離脱してもなお・・

受験生が受けられる民間試験は現在、英検、GTEC、TEAPなど、全部で7 種類ある。

だが、実施形式やレベルによってさらに22通りに分かれており、かなり複雑だ。

(同上)

 

 

大学の対応も、個々に詳細を確認する必要があります。

東大がやや独自的・・

たとえば東京大学は一定のレベルを出願要件としているが、その証明は民間試験の成績だけでなく、高校による証明書でも認めるとし、事実上、民間試験を受けなくても受験できる。

(同上)

 

東大受験者には重要事項ですが、これはもちろん東大の場合。繰り返しになりますが、個々の大学によって、詳細は異なります。

 

引用:https://dot.asahi.com/dot/2019100800071.html?page=1

 

 

-共通テスト関連のニュースから

執筆者:

関連記事

えっ?受験生より先に事業者が「問題と答」を知る?それでいいのか、大学共通入学テスト

本当に受験生より先に、採点の事業者が問題をそして答えを知ってしまうのでしょうか。 「大学入学共通テスト」については、民間試験が延期され、まだまだ流動的な印象が否めない昨今です。気になることの一つは、採 …

メルマガが来ました。大学入試センターから。令和2年6月にまたお知らせされる・・

大学入試センターメールマガジン臨時号が2019年11月15日に届きました。メールマガジンの文章は、大学入試センターのサイトに記載されているものと同じで、長くはありません。 正直、ちょっと分かりにくいで …

いっそセンター試験に戻れば?記述式導入が延期されそう

大学入学共通テストについて、国語と数学の記述式問題導入が延期されるかも?という事態になっています。 報道されたように、政府は2019年12月6日現在、延期の検討を始めた様子です。「延期検討」と記してい …

延期の前から拒否していた大学・・東北大、津田塾など(英語民間試験)

2019年11月1日に、大学入学共通テストへの英語民間試験導入の延期が発表されたわけですが、その前から、大学として英語民間試験を、すでに受け入れない姿勢を示していた大学があります。 11月11日の「A …

見送りを表明!? はっきり中止といえない事情・・大学共通テスト記述式問題

12月も12日になった途端に流れたニュースが、じつは重大でした。 重大!なのに、結局スッキリしないのは、大学共通テストにおいて国語と数学の記述式問題の導入を、「見送りを表明する方針」とのことです。 & …

 

ご訪問ありがとうございます。弊サイトは個人運営で、「大学共通入学テスト」の現在進行形で整えられていく様を情報収集しています。

批判も多い新制度ですが、受験するからにはより良い状態で向き合いたい。それが普通の願いーーそんなスタンスであります。